今回の区議会議員選挙からは、初めて選挙本番中に4000枚のチラシがまけます。 普段、色々な事を政治家は言いますが、 これを文章にするとなると、また違った労力が必要となります。 同じ政策でも、同じ文章でも、何度でも見直している内に 書き直したい衝動に、何度も襲われます。 見直せば見直すほど、良い文章になるように思えてきます。

しかし、今の私に必要なのは、素晴らしすぎる文章ではないのです。

山口多聞「直ちに発信の要ありと認む」
好機にあって、機敏に動かなければ、すべては無になってしまうのです。